栄養で作ったようなロゴを作成するPhotoshopチュートリアル

妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。なぜなら、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。当たり前ですが、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を心掛けてください。

妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠を望む方、あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる栄養素なんですよね。普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも難しい時もありますよね。そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、サプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで理想的な量の葉酸を摂取できますし、栄養的にも問題ありません。

このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、適切に摂取を続けることで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。胎児の健康を考えて、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、葉酸を摂った方が良いと思います。

今、二人子供がいます。二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。上の子が男の子でしたし、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けにチャレンジしました。
クラミジア 妊娠
その後、無事に妊娠し、性別が確認されるまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。